砥石・シャープナー

研ぎ方、ケア方法を身につけ、ご愛用の1本を末永く、大切にご使用ください。

cutlery

19 結果
19 結果
19 中 19 件表示

砥石・シャープナー

どんなに高品質なナイフであっても使い続ければ切れ味が鈍り、必ず研ぎ直しが必要になります。研ぎ方、ケア方法を身につけ、ご愛用の1本を末永く、大切にご使用ください。

砥石について

種類としては、目的別に荒砥、中砥、仕上砥と大きく3つに分けられます。これらは砥石の中に含まれる「砥粒」の大きさが基準となる「粒度」により区分けされています。

荒砥で研削することで、刃の角度を鋭角に修正します。中砥で研削することで、刃先を整え持続性のある切れ味を出します。仕上砥で研削することで、刃先の目を細かくし、繊細な切れ味を出します。

ご家庭で砥石を使ってメンテナンスをする際には、包丁の研ぎ方をご参照ください。

シャープナーについて

簡易的に包丁とお手入れすることができます。しかし、一時的に切れ味を戻すことはできますが持続的な切れ味は求められません。

また、シャープナーのみでのメンテナンスを持続しますと、いずれ切れ味が戻らなくなります。そのような状態になりましたら、包丁全体の角度を鋭角に修復するためにも、砥石で研ぐことをおすすめします。

シャープニングスチール

刃先に脂がついて切れ味が悪くなった時や刃先の角度を修正するときに使用。刃先の修正ツールのため、持続的な切れ味を求める場合は砥石で研ぐことをおすすめします。

砥石・シャープナーを選ぶポイント

包丁を研ぐ際には、刃先の「修復」と「維持」という目的に応じて、砥石、シャープニングスチール、シャープナーなどの研ぎ器を使い分けます。包丁を長持ちさせるためには、目的・種類・状態に合わせた研ぎ方を知ることが大切です。