三徳包丁

日本のご家庭で最も使用されている包丁の一つです。

肉、魚、野菜など幅広い食材に対して使いやすい万能包丁です。

cutlery

63 結果
63 結果
48 中 63 件表示

三徳包丁

日本のご家庭で最もポピュラーな包丁の一つ。日本の伝統的な菜切包丁と西洋から伝わったシェフナイフ(牛刀)の長所を組み合わせて誕生したと言われています。刃先の直線部分が長めに作られているので、押し切りに向いています。昨今では世界的な日本食ブームの影響で、海外のキッチンでもこのナイフが『Santoku』という名で普及し始めています。

三徳包丁の選び方

日本の万能包丁の三徳包丁。ご家庭に1本は用意したい包丁です。毎日調理をする方なら、18cmの刃渡りのものがおすすめです。一人暮らしの方や小さな食材を切ることが多い方には、もう少し短い刃渡りのものの方が、使いやすいです。

またキッチンがあまり広くないというお悩みをお持ちの方も、刃渡りが16cmほどの包丁の方が小回りが効いて便利なのでおすすめです。

刃渡りを決めたら次はハンドルタイプで、ストレートタイプか握った時に手に添うようなデザインのものかお好みのデザインをお選びください。

包丁のお手入れ

どんなに良い包丁でも使っていると切りにくくなってしまいます。切りにくい包丁を使っていると余計な力が入り、疲れにくくもなってしまいます。ご家庭で定期的にメンテナンスをしてください。

ご家庭で砥石を使ってメンテナンスをする際には、包丁の研ぎ方をご参照ください。

シャープニングアイテムの種類に関しては シャープニングの種類をご参照ください。

ツヴィリングの包丁について

1731年に双子マークが登記されて以来、ツヴィリングはナイフを中心とした高品質・高機能なモノづくりに一貫して邁進してきました。290年以上を経た現在も、双子マークのナイフはツヴィリングを代表する製品として国境を超えて幅広く愛用されています。

品質

包丁に必要な「切れ味」「切れ味の持続性」「耐蝕性」を実現させるため、独自開発したCRYODUR®、FRIODUR®の熱処理工程を使い分け、さらに各部に最適な素材を使用し製造しています。

使いやすさ

ブレードとハンドルの重量バランスを取ることで手に負担が少なく疲れにくい構造を採用し、ハンドルはエルゴノミックによって「握り易さ」「力の入り方」に優れています。

デザイン性

ツヴィリングは持ちやすさを考慮した特別なデザイン設計と、美しいシルエットの調和を追求しています。