ペティナイフ(小刀)

一般的な小型包丁。フルーツや野菜の皮を剥きなどに最適

cutlery

50 結果
50 結果
48 中 50 件表示

ペティナイフ(小刀)

手にしっくりおさまるサイズ感が特徴の、一般的な小型包丁。フルーツや野菜の皮を剥くなど、まな板を使わない作業に向いています。切っ先を鋭く仕上げているため、芯をくり抜いたり飾り切りなどの細かい作業にも適しています。

ペティナイフの選び方

9cm~16cmの包丁ですので、大きな野菜などは難しいですが、手にしっくりおさまり、小回りがきくのでとても使いやすいナイフです。女性の手だと12~13cmが使いやすいサイズと言われています。

刃渡りが13cmほどのペティナイフであれば、小さめの調理用包丁として香味野菜を刻んだり、薄切り肉を切ったりするのにも便利です。

三徳包丁と合わせて持っていると調理によって使い分けができ便利です。

ツヴィリングの包丁について

1731年に双子マークが登記されて以来、ツヴィリングはナイフを中心とした高品質・高機能なモノづくりに一貫して邁進してきました。290年以上を経た現在も、双子マークのナイフはツヴィリングを代表する製品として国境を超えて幅広く愛用されています。

品質

包丁に必要な「切れ味」「切れ味の持続性」「耐蝕性」を実現させるため、独自開発したCRYODUR®、FRIODUR®の熱処理工程を使い分け、さらに各部に最適な素材を使用し製造しています。

使いやすさ

ブレードとハンドルの重量バランスを取ることで手に負担が少なく疲れにくい構造を採用し、ハンドルはエルゴノミックによって「握り易さ」「力の入り方」に優れています。

デザイン性

ツヴィリングは持ちやすさを考慮した特別なデザイン設計と、美しいシルエットの調和を追求しています。

包丁のお手入れ

どんなに良い包丁でも使っていると切りにくくなってしまいます。切りにくい包丁を使っていると余計な力が入り、疲れにくくもなってしまいます。ご家庭で定期的にメンテナンスをしてください。

ご家庭で砥石を使ってメンテナンスをする際には、包丁の研ぎ方をご参照ください。

シャープニングアイテムの種類に関しては シャープニングの種類をご参照ください。

ZWILLING製のペティナイフには、岐阜県関市の職人の高い技術による最高峰シリーズから、ブレードとハンドルが一体となったデザインの美しいオールステンレスナイフシリーズ、持ちやすさを追及したアーチ型ハンドルのシリーズ、食洗的なストレートデザインのハンドルシリーズなど、様々なシリーズからお好きな1本をお選びいただけます。

MIYABI製ナイフでは鋼材の層の数と紋様による美しいダマスカス紋様の特徴ごとにお選びいただけます。