ZWILLINGナイフ

ナイフの正しいお手入れ方法

厳選された鋼材、近代的な製造技術、そして徹底した品質管理により、高い基準のZWILLINGナイフが製造され、シェフをはじめ、ご家庭でも、世界中の多くの方にZWILLINGのナイフ(包丁)をお使いいただいています。

各種ナイフに合った使いかたや、お手入れ方法を知る事で、ZWILLINGナイフを良い状態で、長くご使用ください。


用途に合わせたナイフ選び

ZWILLINGナイフの種類は、カットする食材に合わせ、大きさ、形、刃付けなどが様々です。何をどのように切るかによって使うナイフが決まります。

正しいナイフを使ってこそ、優れた切れ味を実感いただけます。ここでは良く使われるナイフの種類を紹介します。

 

各種ナイフの紹介


お手入れ

ZWILLINGは何世代にも渡りお使いいただける、世界でも有数の高品質ナイフブランドです。正しいお手入れをする事で、一生物のナイフとして長く快適にお使いいただく事ができます。

 

洗い方

お使いのナイフ(包丁)を洗う時には刺激の強い洗剤の使用を避け、中性洗剤でスポンジを使い、キズを付けないよう洗ってください。その後、乾いた布で水分を拭きとってください。

また食洗機はのご使用は、鋼材の劣化の原因となるので、基本的にはお勧めいたしません。

もし食洗機をお使いの場合には、ナイフが他の物とあたらないよう分けて置き、洗剤はブレード部分の鋼材や、ハンドル部分の材質に損傷を与える化学薬品が含まれていないか成分を確認の上お使いください。食洗機でナイフを洗うとブレード(刃)の切れ味が長く持たない場合もございます。

そのほかの注意点