とうもろこしの正しい保存方法!冷蔵、冷凍どっち?長持ちする方法は?

とうもろこしの正しい保存方法!冷蔵、冷凍どっち?長持ちする方法は?

甘くてみずみずしいとうもろこしは、料理からスイーツまでさまざまな食べ方で楽しめる人気の野菜です。シャキッとした歯ごたえが魅力のとうもろこしですが、収穫から時間が経つと甘味や風味が落ちやすく、鮮度を保つのが難しいともいわれています。



そこで今回は、とうもろこしを美味しく長持ちさせる冷蔵・冷凍保存のコツを解説します。それぞれの保存期限やおすすめのとうもろこしレシピもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。


公開日:2024年6月13日

生のとうもろこしの正しい保存方法

生のとうもろこしを保存する方法は、冷蔵と冷凍の2種類あります。

ここからは、それぞれの正しい保存方法とおすすめのレシピをご紹介します。

冷蔵保存の場合

冷蔵保存の場合

生のとうもろこしを冷蔵で保存する場合は、葉付きのままキッチンペーパーで包み冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。


葉や皮を取ると乾燥してしまうので、付けたままにするのがポイントです。生のとうもろこしは、冷蔵庫で2~3日ほど保存が可能です。



とうもろこしは収穫から時間が経つと品質が落ちてしまいます。そのため、冷蔵保存をしたらできるだけ早く調理して食べ切るのがおすすめです。

冷凍保存の場合

冷凍保存の場合

生のとうもろこしを冷凍庫で保存したい場合は、葉付きのまま1本ずつラップで包み冷凍用保存袋に入れて密閉し、冷凍庫に入れます。冷凍庫で1ヶ月ほど保存が可能です。


大量に購入してすぐに食べ切れない場合などは、鮮度が長持ちする冷凍保存がおすすめです。




茹でたとうもろこしの正しい保存方法

茹でたとうもろこしの正しい保存方法

ここからは、茹でたとうもろこしを保存する際の正しい方法とレシピをご紹介します。

茹でてから保存する場合は、鮮度が高いうちに茹でるのがおすすめです。

冷蔵保存の場合

冷蔵保存の場合

茹でたとうもろこしを冷蔵で保存する場合は、茹でたての熱い状態のものを1本ずつラップで隙間なく包みます。粗熱が取れたら冷蔵庫へ入れて保存しましょう。



茹でたとうもろこしは、冷蔵庫で3日ほど保存が可能です。加熱して冷蔵しておけば、温め直すだけですぐに食べられるので便利です。





冷凍保存の場合

冷凍保存の場合

茹でたとうもろこしを冷凍庫で保存する場合は、いつもより硬めに茹でて保存しましょう。


解凍せずに凍ったままの状態で調理できるので、茹でたとうもろこしの実を外したり切ったりしてから保存容器に入れ、冷凍庫で保存するのがおすすめです。



茹でたとうもろこしは1ヶ月ほど保存が可能です。


とうもろこしは冷蔵と冷凍を上手に使い分けて保存しよう!

とうもろこしは、収穫から時間が経つにつれ鮮度が落ちてしまいます。そのため、甘味や風味を逃さず保存するコツを押さえておくと、最後まで美味しく食べ切れます。


旬の時期に大量購入したり畑で収穫したり、まとめて茹でたけれど残ってしまったという場合は、今回ご紹介した方法でできるだけ早く保存しておくのがおすすめです。


カットしたり実を外したりしておくと、副菜レシピやお弁当にも手軽に活用できて便利です。とうもろこしを上手に保存して、ぜひ日々の献立に取り入れましょう。 

料理研究家/調理師・食育インストラクター

馬原 香織 監修



https://cooking-salon-mahara.com/