ラ・ココット de GOHAN

日本のごはんを美味しく、土鍋を超えた炊き上がり

伝統的な羽釜に着目し、日本のお米の旨みを引き出すために開発した「ラ・ココット de GOHAN」。丸みのある厚い鋳鉄製の鍋で、一粒一粒ムラなく加熱。お米の芯までふっくらと、甘み感じる炊き上がりに。

こだわる人は始めている、「最高のごはんの贅沢」をストウブで。 

ポイントは「水分の浸透」と「ムラのない加熱」

加熱してから沸騰するまでの間、そして一定時間沸騰を維持する間に、お米の芯まで水分が浸みこみ、一粒一粒にムラなく熱が加わると、お米のアルファ化(糊化)が進みやすくなり、ふっくらと炊き上がります。

伝統的な"羽釜"を継承

「ラ・ココット de GOHAN」は昔ながらの羽釜に着目。丸くカーブした底のフォルムで、鍋底から大きな対流を生み出し、鍋全体でお米をムラなく加熱します。 厚みのある鋳鉄製なのも羽釜と同じ。鍋全体がゆっくり均一に温まり、お米の芯まで水分がしっかり浸透。さらに蓄熱性が高いので、火加減を細かく調節しなくても沸騰中の細かな対流を維持でき、一粒一粒にムラなく熱が伝わります。

旨みの蒸気を逃さない「システラ」

「ラ・ココット de GOHAN」の蓋裏に付いている独自の突起「システラ」。重い蓋で密閉された鍋の中は、旨みを含む蒸気でいっぱいに。この蒸気が「システラ」にあたり、旨みを含んだ水分としてふたたび鍋に戻る「アロマ・レイン」システムで、旨みを閉じこめ、ふっくらおいしく炊き上がります。

cookware

16 結果
16 中 16 件表示
手早く、そして土鍋を超えた炊き上がり

約30分*で炊き上がる「ラ・ココット de GOHAN」のごはん。その柔らかさ・ふっくらさは、土鍋で炊いたときの+53%に。甘み感じる「最高のごはん」を、食べたいそのときに楽しめます。*浸水時間は除きます。 【サイズ別おすすめの炊飯量】 Sサイズ:1合炊き Mサイズ:2合炊き Lサイズ:3~5合炊き


【分析結果】 試験依頼先:株式会社サタケ穀物分析センター 報告書発行年月日:2020年9月2日、報告書発行番号:K200350-01 *試験検体にはどちらも令和1年産 新潟県産コシヒカリを使用。浸水時間・水分量は同じ。それぞれ一般的な加熱時間・火加減で炊飯。

「ラ ココット デ ゴハン」を使ったごはんの炊き方

ストウブのごはんココットを使った、ふっくらおいしいごはんの炊き方。

お米を洗って浸水し、火にかけて沸騰したらかき混ぜて弱火で10分、蒸らして10分で出来上がり。沸き加減などのポイントもご紹介。完成までのプロセスを動画でチェックしてみてください。