真空保存を使った美味しいレシピ

真空保存バッグは真空状態では食材にぴったりフィットして密封できるため、

少ない量の調味料で下味を浸透させたり低温調理も可能です。

関連レシピ

真空保存レシピは作り置きにも最適

毎日調理したての料理を食べられるのが理想ですが、忙しい毎日の中では、しっかりと料理の時間を見つけるのも大変です。

時間があるときに下準備をして、フレッシュ&セーブを使って保存をしておけば、鮮度も栄養もキープしたまま保存。

いつでも出来立てのような美味しさを楽しむことができます。

時短調理にも作り置きにも

真空密閉にすると、食材にぴったりフィットして密封でき、また真空にする際、食材の細胞内の空気が抜け、細胞膜がダメージを受けて外にある出汁やマリネ液が内部に浸透しやすくなります。そのため、下味をつける時間の短縮になり、時短調理が叶います。

また野菜、魚、肉など生の状態でも加熱した状態でも真空保存できるので、作り置きにも最適です。

フレッシュ&セーブが大活躍

エンフィニジー低温調理器と一緒に使えば簡単に低温調理に挑戦できます。

食材がおいしくなる最適な温度と時間をセットするだけで、レストランのようなプロの味をご自宅でも楽しめます。

ローストビーフ:ムラなく美しい色に仕上がるローストビーフは、しっとりとやわらかく、肉の旨みはそのままにヘルシーに食べられます。

ビーフシチュー:レストランのような、口の中でとろけるやわらかいお肉と、旨みが溶け込んだ濃厚な味わいをぜひご自宅で!

かぶの煮物: 煮崩れせずにしっかり味がしみこんだかぶは、甘みを感じる上品な味わいに。見た目も美しく仕上がります。