ワンプッシュで簡単、真空保存

フレッシュ&セーブを使った真空保存についてご紹介します。


更新日:2023年8月4日

真空保存とは

容器の中を真空密閉にした状態で保存すること。

容器内の空気を抜くことで、食材劣化の原因となる酸化と菌の繁殖を遅らせることができます。

更に、乾燥や冷凍焼けも防ぐので、鮮度が最大*5倍長持ち!食材の風味とおいしさをより長く保つことができます。

*真空保存していない場合との比較

フレッシュ&セーブの使い方

真空保存ポンプとあとは食材や料理を入れるコンテナかバッグを用意し、ポンプ本体のボタンを押すだけ。

容器の中が一定の真空密閉度に達すると自動で止まります。数秒待つだけであっという間です。

ポンプは充電タイプのコードレス。バッテリーも長時間持続するので、充電の手間もかかりません。

フレッシュ&セーブを使う6つのメリット

フレッシュ&セーブを使う6つのメリット

1. 食材劣化の原因となる酸化と菌の繁殖を遅らせる


2. 1により、鮮度が最大5倍長持ち


3. 食材の無駄を減らす

4. 真空密閉下では冷凍焼けも防ぎます。


5. 食材にぴったりと真空密閉するので、マリネなど味がしっかり染み込みます。


6. フレッシュ&セーブのコンテナは重ねられ、バッグはコンパクトになるので、冷蔵庫やキッチンですっきり省スペースに収まります。

保存だけでなく調理にも

真空保存では、鮮度をキープしたまま保存できるだけではなく、料理の下準備や低温調理器と一緒に調理にもお使いいただけます。

フレッシュ&セーブで 外出先でもおいしく

外出先で食べるお弁当をおいしくするために、フレッシュ&セーブは大活躍。お弁当を詰めた後に真空保存ができるから、風味や食感はそのままにおいしく味わえます。

真空保存できる食材は?

肉や魚、野菜や果物はもちろん、調理済みの料理や下味をつけただけの状態でもフレッシュ&セーブのコンテナはバッグに入れて保存いただけます。

湿気も防ぐので、乾物の保存にもおすすめです。


注意:ガスを発生させる食品(生のタマネギやニンニク/チーズ/コーヒー豆/発酵食品/一部ペットフード等)など真空保存に適さない食材もあります。

ツヴィリング マーケティング部 監修