キッチンをすっきり整理整頓

フレッシュ&セーブ製品は冷蔵庫内やパントリーの整理整頓にも役立ちます。

キッチンをすっきり整理するためのポイントをご紹介します。

すべての「定位置」を決める

スパイス、食材、そして食器、調理器具、ガラス食器、磁器など、キッチンに収納するものはたくさんあり、すべてのものをどこに置けばいいのか迷うことはありませんか。特に食器棚の数が少なく、狭いキッチンの場合、とても悩ましい問題です。

まずはキッチンのすべてのものの定位置を決めて置き、すぐに手元に出せるようにしましょう。

キッチンの整理整頓が大切な理由

プロのシェフは安全に料理をお届けするために、徹底して厨房の管理をします。そのためには整理されていることが大切です。

プロであったり、趣味が料理であるというわけではなくとも、キッチンの整理は大切です。物が多くなりがちなキッチンが整理されていることで、料理の手際も変わりますし、楽しさも変わります。

パントリーで食材を保管する

カトラリー類は引き出し、包丁はナイフブロックに収納するのがおすすめですが、食材はパントリーが最適です。

一箇所にまとめることで、どこにあるかわかりやすくなり、無駄な買い物も減らすことにつながります。

  1. パントリーとする場所を決める。
  2. 食材のカテゴリーや日持ちのするものなどに分けて整理する。
  3. 仕切り棚、カゴなども使い、ラベルも貼ってわかりやすく。
  4. 一度開封した食材は一箇所にまとめて収納するか、フレッシュ&セーブのコンテナやバッグに入れるのがおすすめです。

専用アプリで簡単に食材管理

食材を美味しいうちに食べきるためにサポートするのが、専用アプリ。バッグやコンテナのQRコードを読み込んで食材を登録、ストックをいつでもどこでもチェックできるので、無駄な買い物も減らせます。賞味期限が近づくと自動でお知らせしてくれるので、忘れてしまうこともありません。

食材の保存とキッチンの整理を同時に

フレッシュ&セーブ製品を使うメリットは保存だけでなく、キッチンの整理という点でもとても大きいです。

重ねられるコンテナとコンパクトなバッグは、冷蔵庫やキッチンですっきり省スペースに収まります。

ガラス製とプラスティック製のコンテナは様々なサイズがあり、食材、収納場所に合わせてお選びいただけます。

真空密閉にすることによって、しなかった場合と比較して最大5倍も鮮度を長く保つことができます。

これは色の変わりやすいアボカドから肉や魚、すべての食材に当てはまります。